柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
市政報告637号

 市政報告637号を作成しました。今号は決算委員会ネタです。以前から補助金行政に対する批判はありました。特に蒲郡では「観光振興」の名目が使われ、私自身もラグーナ支援や三谷町財産区への高額な支援を批判してきた立場です。今回取り上げたのは、補助目的が極めて広く設定された観光地域振興助成金です。補助額も管理する駐車場収入が増えれば自動的に増えるしくみのため、助成事業に対する金額は定まっていません。

 

 しかも、義務である事業報告を受けていないため、何に使ったか不明なのです。助成を受けた観光協会は毎年度、繰越金を増やしているのが現状です。行政をチェックする立場の議会としては、見過ごせません。行政の予算は本当に必要な事業に有効に使ってもらわなくてはなりません。制度的にも改善の余地があると思います。

 

 

  ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告636号

 市政報告636号を作成しました。9月議会一般質問の報告を書きました。木曜日が質問日で金曜日も終日議会でしたので金曜日の新聞折り込みに間に合いませんでした。このため折り込みは6日の火曜日になる予定です。わが家の印刷機では1万枚の両面カラー印刷に5時間くらいかかってしまうため、土曜日の朝から印刷して15時の折り込みに間に合わせるのがやっとでした。ご了承下さい。

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
一般質問(9月議会)

 9月議会の一般質問を終えました。遅ればせながら、Ustreamの動画のアップをしておきます。いずれ市議会の動画発信がされたときには、CMなしで見られますのでお知らせします。今回のテーマは、〆濛雋納茲蝓↓競艇の警備契約、E貉芦蝋域連合です。

Live Webcast

 

発言通告は、以下の通りです。

 1 在宅看取りについて
厚労省の発表によれば、蒲郡市の在宅死亡率は5.5%で人口5万人以上の都市で最低であった。最高である豊岡市とは約5倍の開
きがある。以下の点について伺う。
(1)在宅死亡率が低いことをどう評価するか
(2)自治体間格差の要因をどう考えるか
(3)市民の意向と今後取り組むべき施策について
ア 最期を自宅でくらすことを希望する市民は多いのではないか
イ 在宅看取りを可能にする環境作りについて
ウ 医療・福祉関係者の連携強化、研修等について
エ 市民病院の退院前カンファレンスについて
オ 在宅医療に対する周知・支援活動について
(4)目標値の設定について


2 ボートレース場の警備契約について
昨年度の警備契約における予算審査前の入札や雇用関係法違反、警備資格1級の要求など、問題点を指摘してきた。今回、市
は公募型プロポーザル方式により7月1日から4年間の長期継続契約を結んだ。以下の点について伺う。
(1)改善された点について
(2)公募型プロポーザル方式の採用について
(3)審査の結果について
(4)警備体制・警備費用のちがいについて
(5)情報の公開等について


3 東三河広域連合について
(1)経費節減効果について
(2)新たな広域連携事業、権限移譲事務について
(3)人口ビジョンと総合戦略について

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告635号

 市政報告635号を作成しました。今回は議員全員協議会でおこなわれた東三河広域連合議会の報告について書きました。いまだに広域連合の必要性について、納得がいきません。さらに保健所の権限移譲を受けようと検討しているとの報告には、合点がいきません。既に市で設置している豊橋市は、東三河全体で運営すれば経費節減になるのかもしれませんが、蒲郡市にとってのメリットはよく分かりません。愛知県が運営する豊川保健所と広域連合が運営する保健所でどうちがうのでしょうか……。

 

 

  ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
日よけ

 わが家では井戸水を浴槽に張って、汗をかくたびにチャプンと浸る日が続いています。毎朝の野菜収穫をした後、駅頭でビラ配布をして帰ったあとなど……。今日も市政報告を掲示版に貼り出すために市内をバイクで走った後につかりました。さすがに井戸水だけあって、一気に身体を冷やしてくれます。

 居間の日よけは30年来、つる植物をつかっています。以前は朝顔でしたが、こぼれた種から勝手に生える朝顔はどんどん色が抜けて、最後は白一色になってしまいました。最近は食糧源を兼ねてゴーヤを植えています。こちらも自然発生的に生えてくる苗を使っていましたが、ならびが悪いので種を保存するようになりました。目残しゴーヤが完熟して黄色くなったので、中の真っ赤なゼリー部分をしゃぶって楽しんだ後、来年用の種を収穫しました。さすがにこれだけのゴーヤを育てると、毎日ゴーヤを食べても間に合いません。来る人来る人、出かける先々に押しつけています。

 今年も見事なグリーンカーテンができたので、ご覧下さい。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | プライベート | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告634号

 市政報告634号を作成しました。今号は蒲郡市の人口減少について書きました。蒲郡市も3月に人口ビジョンと総合戦略を策定し、将来人口を確保するための方針を出しています。ビジョンによれば、2060年の人口目標を61,000人としていますが、かなり厳しいのではないかと感じています。現在の人口が81,000ですが、減少を食い止め合計特殊出生率を2.07まで引き上げた場合の数値を目標にしているのです。

 

 わが家を含め未婚の若者がまわりにわんさかいるのです。蒲郡市の15〜49才の未婚率は、男性54.1%、女性41.9%だそうです。半数しか結婚しなければ、1夫婦の子どもが4人にならないと出生率2を確保できないのです。とても現実的な数値とは思えないのですが……。しかもこの未婚率は、年々上昇しているのが実態です。結婚や子育てに魅力を感じなければ、ますますこの傾向は強まるかもしれません。市の施策でなんとかするのは容易ではありませんが、とても深刻な問題です。

 

 

  ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラップは気にせず……

 来週、健康診断が予定されています。このままでは不味いと考え、久しぶりにランニングをすることにしました。年のせいか、朝は早くから目が覚めてしまうので、涼しい内に走っておくことに。何を血迷ったか、このまま少々遠出をしてみようなどと考え、国坂峠を越えて御津町まで足を伸ばしたのですが、適当な帰り道が見つからず思いの外遠回りになってしまいました。

 

 やっと見慣れた蒲郡市の風景に戻った頃には、もうヘロヘロでした。ボスに借りたランニングウォッチによれば、実に18kmも走っていました。とりあえずラップは内緒です。峠越えをしたせいか高低差も203mあり、これが消耗の原因でしょう。何はともあれ無事に帰ってきましたが、玄関先で井戸水のシャワーを浴びて何とか復活です。ながれ落ちた汗でシューズがズブズブになっていました。ランニング前後で4kgも減量しており、たぶん新記録でしょう。汗っかきも、ここに至れりです。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | プライベート | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告633号

 市政報告633号を作成しました。今回は生活相談の様子を書いてみました。困っている人の手元に届くことを願っています。もう少し早く相談してくれていたらと思うこともしばしばです。先日の相談も時効の壁にあたり断念せざるを得ない状況で、残念な思いをしました。

 

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告632号

 市政報告632号を作成しました。先週の木曜日には原稿が上がっていたのですが、アップするのを忘れていました。遅ればせながら、ご覧下さい。今回は設楽ダムについて書きました。あれこれ見てたら去年も同時期に同様な記事を書いていたことが分かり、文章そのものも似ていました。ま、新しい読者もいることでしょうから、よしとしましょう。

 

 ダムには本体だけでも2,094億円かかります。周辺対策を含めると約3,000億円といいますから、ダムをやめて奨学金に充てたらどれだけの子どもたちが救われることでしょうか。改めて公共事業のあり方を考えさせられます。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告631号

 市政報告631号を作成しました。今号のテーマは、国保税条例の改定について書きました。最高限度額を引き上げ、軽減対象世帯の拡大をはかるものです。高額所得者の負担は増えますが、軽減の受けられる所得階層が拡大されるものです。低所得者には過酷な国保税となっていますが、若干とはいえ改善されるものです。共産党議員とは賛否の分かれる結果となりましたが、提案そのものはよりましな課税体系となるものですから、賛成をすべきだと思っています。わが家のボスの感想は、「難しい」の一言でした。ぜひ、紙面をごらんください。

 

 

  ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ