柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
市政報告652号

 市政報告652号を作成しました。今号は観光地域振興助成金について書きました。昨年来、追求し続けてきた課題ですが、市の対応があまりに遅いために繰り返し取り上げることになりました。それにしても市の「事なかれ主義」にはうんざりします。印象的だったのは「特異なケースとして本年度まではこのままでいきたい」との答弁です。問題があることを認め見直しをおこなうと言う一方で、これまでのことはなかったことにしようと言っているようなものではないでしょうか。情けない!

 

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告651号

 市政報告651号を作成しました。今回は、相談のあった児童クラブについて書きました。児童クラブ入所を希望する小学3年生の児童のうち、22名が入所できず待機となっていました。困ったお母さんが奮闘!。解決案を携えて市長と教育長に要望書を提出した結果、担当課が年度末の多忙な中を機敏に対応し、解決にこぎつけました。よかった!

 

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告650号

 市政報告650号を作成しました。議会真っ最中に、折り込み用の印刷を行うのはしんどいですねぇ。しかも連休となるので、急がないと! 徹夜で何とか原稿ができたので、今から印刷します。眠い!

 

 

  ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月議会一般質問

 3月議会一般質問を終えました。どうもかみ合わない議論が多かったせいか、目標としていた結果を引き出すだけの論戦に至りませんでした。持ち時間いっぱい使ったので長い議論ですが、興味のある方はぜひご覧ください。特に市の矛盾点をついたつもりの観光地域振興助成金については、質問が通じてなかったようなので、予算委員会で詰めたいと思います。直接Facebookに掲載したら、うまく再生できないようでしたので、ここに掲載します。うまくいくかな?

 

  Live Broadcasting

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告648号

 市政報告648号を作成しました。今回は企業用地開発について書きました。北に山を背負い南は三河湾という地形の蒲郡市は平地が少なく、企業用地の確保には苦労があります。産業振興の立場から企業用地開発を進めたいとの市長の気持ちも分かりますが、市の持つ立地条件も考慮する必要があります。広い土地のある市とは違うことを、まず自覚することです。条件のないところで無理をすると、負担の大きなものとなりかねません。無いものねだりをせず、分相応の対処をとることが肝要だと考えます。 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄への思い

 地元紙「蒲郡新聞」の楽しみは、「止揚」と「人生雑話」です。書いている人の顔が浮かぶのも、地元紙ならではです。今週号は歌人の神田さんが登場しています。優しく上品ながら背筋のとおった意思の強さを感じさせる文章で、いつも尊敬をしている方です。何度か沖縄を訪問したことがあり、思いは同じです。ただどのようにして同じ過ちを繰り返さないようにすればよいのか、行動に起こせずにいる自分がもどかしいのも事実です。次回の登場を楽しみにしています。

 

   

 (蒲郡新聞より) ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告647号

 市政報告647号を作成しました。今号は就学援助について書きました。子どもの貧困が広がっていると言われる中、義務教育は安心して受けさせてあげたいものです。とかく経済的に困難な世帯に対し自己責任を問う風潮がありますが、少なくとも子どもに責任はありません。しかも教育はもっと社会全体で保障し、将来の世代を育成するとともに、貧困の連鎖をなくすことが必要だと考えます。ここに公費を投入しても、たぶんその方が安全で展望のある未来が築けると思います。一部の経済力のある階層にお金が集中する昨今ですが、ここを改めないと危険な社会になるのではと心配です。そんな大げさな話ではないかもしれませんが、制度をうまく活用して少しでも安心できる教育環境を整えられたらと思います。新年度から新入生の学用品費が倍増されることになるそうです。いいことですね。

 

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告646号

  市政報告646号を作成しました。今週は新聞折り込みのため、木曜日までに原稿を上げ金曜日に印刷・持ち込みというスケジュールです。今回もギリギリで間に合いました。

 今回は住民監査請求について書きました。私も承知していなかったのですが、住民から竹島地区の観光地域振興助成金について監査請求が提出されていたのです。提出は11月4日で、私が12議会で一般質問をするよりも前のことでした。監査結果は「棄却」でしたが、付記として次のようにかかれていました。

 

 付記

 本件請求について、監査委員の判断は以上のとおりであるが、振興助成金の交付にあたり、市民の疑念を招いたことは、誠に遺憾であると言わざるをえない。
 また、本件請求は、平成27年度以降の振興助成金の交付について、監査の対象としたものであるが、
平成26年度以前の振興助成金の交付についても、再度、関係書類を精査するなかで、必要があれば、法、交付規則等の関係法令の規定に則り、適正な事務執行が行われるよう要望する。
 最後に、本件のように、毎年度継続して交付する助成金については、行政運営を進めるうえで、助成の目的及び効果を十分に踏まえ、
社会状況の変化に即した見直しを行うことも必要であると考える

 

 また、「振興助成金の支出について」との項目では

 関連する財務会計規程に基づき、適正に支出されていると認められたものの、手続きの面において一部適切でないところが見受けられた

 とありました。何が適切でなかったのかは何も触れていませんでした。

 

 とりあえず、記事をご覧ください。新聞折り込みをした一部の市政報告(コラム欄)に、「蒲郡市にふるさと納税をした方には、ぜひ確定申告を」と書いてしまったものがあります。正しくは「蒲郡市に」を削除すべきでした。ワンストップ特例を使わずに確定申告で寄付金控除をしていただくと、蒲郡市の税収減が少なくてすむのです。

 

 ↑ クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 20:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
消防指揮車

 今日は午前中に出初め式、午後は成人式とイベント続きでした。アトラクションでおこなった指揮車による訓練展示は初めてで、目を引きました。ただ、具体的に何をしているのか観覧者からは分かりにくく、もう少し詳しい解説を付けるか指揮者らの音声を流してもらえるとよかったと思います。糸魚川の火災を思うと、大きな火災や災害時には、いかに迅速に情報を把握して的確な指示を出すかが問われるような気がします。重い任務を負った消防署員の苦労を感じるとともに、その技能の向上に期待しています。

 

 いただいたパンフレットによれば、相変わらず火災原因の上位にたばこやたき火が並んでいました。市民の側も火の元に充分気を付けなければいけないと痛感します。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
市政報告645号

 市政報告645号を作成しました。今号は、市の霊柩車廃止問題と都市計画の規制解除問題を書きました。最近の自治体は「民間でできることは公共は手を引く」という傾向が強く、霊柩車の廃止もその一環のような気がします。霊柩車の運行は、確かに民間でできることですが、思いのほか高額な費用がかかります。蒲郡市の場合土葬は認められていませんから、亡くなった方を埋葬するには火葬をする必要があります。これは絶対条件ですから、誰もが斎場を使うこととなりその搬送をする霊柩車の運行は市民誰もが使うサービスとなります。ここに公費を使うことは決して間違いではないはずです。

 市がラグーナテンボス支援として30億円も支出をする約束をする前に、市民のために公費を使おうというのは間違っていないでしょう。残念ながら、廃止に反対した議員は2名でした。

 

 

  ↑  クリックすると拡大します

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 議会活動 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ