柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
設楽ダム検討報告書への意見発表
 明日の意見発表の準備をしています。こういうい機会は初めてなので、いつもの一般質問よりも緊張するかもしれませんねぇ。最近の一般質問は一問一答式なので、箇条書きのメモと資料を用意する程度で、あとはイメージをわかせることに時間を使っています。今回の意見表明は、やはり全文の原稿を用意することにしました。ただ、読み上げるだけになると迫力がなくなってしまいますよね。

 とりあえず、原稿をアップしましたのでご覧ください。


  ↑ 国交省からの、意見発表の決定通知書(クリックすると発言原稿が見られます)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
八ッ場ダム
 民主党が「コンクリートから人へ」のスローガンで、目玉政策の柱に据えていた「八ッ場ダムの建設中止」が、あっさり棚上げにされたようです。建設予定地を初視察した馬淵国交相が『中止の方向性に言及しない』と表明したことで、これまでの「中止が前提」が否定された形となりました。

 民主党のかかげた公約は、あと何が残っているのだろう………。普天間基地の県外移設は放棄してしまったし、後期高齢者医療制度廃止は、先送りの上に差別医療を残す方針に変化しました。労働者派遣法の抜本改正も放置された上に、抜け穴だらけの改正が予定されています。企業献金の廃止は、まったく逆方向で再開すると言い出す始末。しかも献金問題では、鳩山元首相が手元にないと言っていた資料が実はあったし、小沢元幹事長は国会での説明を逃げまくってるし………。事業仕分けはやってみたものの、民主党の財源論がいかにいい加減だったかを論証しただけで、埋蔵金は伝説に終わりました。

 自民党の政治にはほとほと懲りたけれど、十分な検証もせずに政策を掲げ片っ端から反故にしていく民主党には、政党としての品位を疑わざるを得ません。綱領を持たない政党の脆弱さを、まざまざと見たおもいです。

 設楽ダムの建設中止も、民主党頼みではらちはあきません。やっぱり住民運動を盛り上げ、世論に訴えるなかで、政府を追いつめていく以外に方法はありません。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
設楽町長と懇談
 きょうは井上哲参議院議員、参議院東海ブロック予定候補のかわえ明美、参院愛知予定候補のもとむら伸子らが、設楽町長懇談をするというので、同行させてもらいました。

 町長からは、設楽ダムに36年間も翻弄された町の苦労が語られました。私は「下流は安易にダムを要請し、罪深いことをしてきた。ダムを作らずに水を確保する努力をするべきだ。マスコミは『ダム推進派の町長当選』と報道しているけれど、推進しているわけではないですよね?」と率直に聞いてみた。

 町長は「下流域から水が必要だからとずっと言われ続けてきた。設楽町が望んで『作ってくれ』という考えは一切持ち合わせていない」と答えました。今ならまだ、ダム抜きの振興計画を作ることは可能ではないでしょうか。



 設楽ダム建設予定地にて(井上参議院議員ら) 設楽町長と懇談する井上参議院議員、かわえ明美、もとむら伸子
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
節水と取水制限
今年も咲きました!


 春先に、ちょっと気を抜いて外に出しっぱなしにしたら、霜にあたってほとんど葉を落としてしまったラン。今年は無理だろうとあきらめていましたが、何とか一株だけ花芽を付けました。もう10年以上も咲いてきたので、また少しづつ増やしていこうと思います。

 一般質問のために愛知県水の調査をしていたら、意外な発見をしました。これまで「水利権の問題があり、矢作水系の水は蒲郡市で使えない。仮に使えるとしても、豊川水系が渇水の時は矢作水系も渇水だ」と説明を受けてきました。でも、木曽川水系と矢作水系は、渇水でなくても水の融通をしているんです。最近は豊川が渇水でも、矢作川では取水制限していませんし、その逆の年度もありました。

 渇水時には「上水・20%の取水制限」などと言われますが、実際にはどれだけ取水を減らしたのか調べたのですが、答えは「分からない」でした。これって、本当にダムが必要なことになるの?
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
幸田蒲郡連絡管
 中日新聞1面トップで「幸田蒲郡連絡管」の話題が掲載されていました。34億円もかけて、矢作水系と豊川水系を結ぶ上水の連絡管を作って7年も経つのに、1度も使っていないという記事でした。

 6年前の議会で「連絡管を使って渇水時に水を融通し合えば、設楽ダムはいらない。水利権の問題があって難しいと言うが、その調整こそ政治の仕事だ」と追及したことが思い出されます。

 記者からの取材もあって記事になるのが楽しみでしたが、これほど大きな扱いになるとは思いませんでした。私の提案がやっと日の目をみた思いです。娘の友人が記事に気づいて「お父さん、がんばってるね」とメールしてきたそうです。うれしいですねぇ。



  設楽ダム建設予定地


  現地で国交省からの説明を受けました(08年07月)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨乞いとダム乞いからの脱却を
 書棚の整理をしていたら、古い「おいでん」を見つけました。今では知らない人もいるでしょうが、以前は誰もが知っている蒲郡のミニコミ誌(発行:谷口徹氏)でした。議員に初当選した時も、インタビュー記事を書いていただいた覚えがあります。

 1996年秋号ですから、今から13年前の「おいでん」です。設楽ダムに関する見解を求められて書いた記事が載っていました。読み返してみると、懐かしいやら、恥ずかしいやら………。

 でも、やっぱり当時からダム建設をしない方策を探求していたことが分かります。時代を考慮の上で、ぜひ一読ください。それにしても、写真が若い!



  雨乞いとダム乞い
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
前原大臣に要請書
 新しい政権に対し、「建設的野党」を標榜する共産党としては、住民にとって切実な問題を積極的に提起していくというスタンスをとることにしています。

 ダム問題は、民主党自身が見直しを公約しているものですから、ぜひ設楽ダムの中止を求めたいところです。そこで、東三河の共産党議員団と地区委員会の連名で、前原国土交通大臣に宛てて要請書を送ることにしました。

 月内には直接国土交通省に要請を行う予定です。14区、15区の代議士がダム建設賛成の立場のようなので、ぜひ変えさせていきたいと思います。詳細は、要請書本文をご覧下さい。



  前原国土交通大臣宛の要請書
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
運動で設楽ダムを止めよう!
 政権が変わることで、ムダな公共事業の見直しが期待されます。自公内閣をして、八ツ場ダム本体工事の入札を延期するあたりは、その効果とみても差し支えないでしょう。

 自公政権退場を見越してか、2月に駆け込み的な設楽ダム建設同意をすすめた国交省。これに対し、ダムに水没する人たちや、建設に反対する運動を進めてきた人たちは、政権交代に希望を託してきたのでは………。

 ところが、どうも雲行きがあやしいのです。下流域各自治体議会で、この問題が話題になっていますが、各首長とも建設を求める発言をしています。蒲郡市長も「建設は悲願」とまで言っています。新聞によれば、14区、15区の代議士は態度を明確にしていないとか。鈴木克昌氏にいたっては「党内で設楽ダムの必要性を主張するのが自分の役割だと思っている」と。

 利水の需要がほどんどなくなり、「環境を守るためのダム」などというおよそ矛盾に満ちた役目を背負わされた設楽ダム。これを止めるのは、住民の運動しかないのでしょうね。ダム建設中止をめざして、奮起しましょう!


  守りたいですね「清流」
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
累加雨量
 きょうは娘と妻が車を使うというのでバイクで市役所へと思っていましたが、この雨でそうともいかず、宣伝カーでの登庁となりました。雨も3日目ともなると、ちょっとうんざり。

 ダムはさぞかし潤って満水だろうとおもったら、宇蓮ダムで96.3%、大島ダムが95.4%、調整池も含めた豊川用水全体で95.9%という貯水率でした。たっぷり降った雨は、これから順調に流出してくるから渇水の心配は当分なさそうですね。

 雨量を調べてみると宇蓮ダム近くの「川合」で、本日23時までに94mm、たぶん24時までには100mm前後になるでしょう。降り始めからのデータでは138mmだそうです。これを「累加雨量」というんだそうです。知りませんでした!

 夜遅くに帰宅してみると、玄関ちかくには、大小のナメクジが! また、このブログに「ナメクジ撃退法」「なめくじ退治」で検索してくる人が増える時期です。すでに検索クランキングで2位になっていました。

  

  増水する西田川(清田町橋詰)
  


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
設楽ダム問題で2つの集会に
 設楽ダムの住民訴訟について、中間の報告集会が市民会館で開かれたので出席しました。請求内容は、県知事を相手に「ダム建設費用負担金の支出差し止め」を求めるものです。

 8回の口頭弁論が終わり、このあと証人尋問に入る予定とのことでした。判決を左右する争点がどこにあるのかを質問しましたが、裁判長が具体的に指揮する場面がなく、どこに裁判長の関心があるのかは不明とのことでした。


  設楽ダム訴訟の中間報告会(蒲郡市民会館にて)


 夜は、設楽町で住民懇談会が開かれたので参加しました。衆議院選挙の予定候補でもある共産党の八田ひろ子、民主党の石田芳弘氏、下流域の市議も多数参加しました。

 議論の中心は、設楽町が出した「ダム建設同意に係る確約事項」についての愛知県と国交省の回答に対し、どう考えるかというものです。全般としては、「そもそも建設には賛成できず、確約事項は論外」「こんな回答で同意はできない」という意見がほとんどです。

 40年間、ダム建設に振り回されてきた地権者や周辺住民の苦労ははかり知れません。豊川綜合用水事業が完成したことで水は足りる状況になっているにもかかわらず、過去の渇水時を引き合いに出して、「余裕があるのにこしたことはない」程度の理由で設楽ダム建設を求める下流域は、とても罪深いことをしてきたという思いを強くしました。ダム建設をストップさせなければなりません。


  設楽ダム住民討論会(設楽町・特産物振興センターにて)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 設楽ダム | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ