柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
ボートピア川崎は出世払い?
 蒲郡市と常滑市が運営する「ボートピア川崎」を、施設を所有する螢瀬ぅ螢張廛薀鵐縫鵐阿鳳娠聴兮するための予算が提案されています。市が条件として提示しているのは
 “売日数を年300日以内から、360日以内に拡大する
 昼・夜4場の併用発売ができるようシステムを更新する
 1娠槌颪箸靴董■廓分4億5,000万円を一括先払いする
 で箴紊欧ら船舶振興会などへの交付金をのぞいた残金で運営する
 セ圓悗亮益還元は、受託3年経過後の運営が以下のとおりになったときに行う。
   ・営業利益が黒字の場合
   ・年間売上げが、1日平均1,500万円を上回った場合
 というものです。

 △里燭瓩法¬鵤臆円の費用をすでに投じています。の運営費は補填金との位置付けなので、途中で契約が不履行となっても返還請求できないとのことです。市民会館の指定管理を放棄して逃げ出したイマジンを思い出しますね。

 極めつけは、イ任后0兮後3年間は、市は1円の利益も得られません。しかも、ダイリツが黒字にならなければ、市に収益はありません。ダイリツは温泉やプール、有料老人ホームの経営、墓地分譲などを手がける計画があり、いつになったら黒字経営になるか分かりません。市財政に寄与することが競艇の目的なのに、これではそれが果たせません。

 市は「これで赤字にならないですむ」と言いますが、それなら△療蟷颪筬の先払いをするまえに閉鎖すれば、6億円以上が残ることになったのではないでしょうか。共産党は設置にも反対でしたが、その後も赤字続きのボートピア川崎を閉鎖するよう求めてきました。

 こんな契約を認めたら、議会の威信にかかわるのではないでしょうか………。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 競艇 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボートピア川崎は撤退を!
 昨日の経済委員会で市は、ボートピア川崎の運営を私人委託したいとの方針を明らかにしました。1997年度にスタートしたボートピア川崎は、98年度をのぞいてずっと赤字運営で、その累計は約30億円にのぼります(蒲郡分+常滑分)。競艇事業の目的は、市の財政に貢献することです。共産党は、当初から進出に反対し、赤字続きのボートピアを廃止するよう求めてきました。

 ところが、今回の提案は「施設のオーナー会社に経営を委託して、事業を継続する」というものです。しかも、その前提として委託のために機器の更新などに約2億円の費用を投じます。さらに、向こう3年分の赤字補填として4億5、000万円を一括して支払うとしています。これは貸付かとの問いには、「差し上げてしまうもので、破綻すれば戻ってこない」と答えました。管理費を持ち逃げされた市民会館を思い出さないわけにはいきません。

 受託会社の計画では2013年度には黒字が出せる見込だとしています。しかし、蒲郡市がどれだけの配分金を得られるかは、その時に相談するとしています。私人委託に要する6億5000万円の元がとれるのは、いつになることか全く不明です。

 オーナー会社は資本金3000万円の会社で、敷地内に温泉を掘って温浴施設をつくったり、温水プールや有料老人ホーム、リハビリセンター、霊園開発分譲なども実施する計画だといいます。

 共産党のいない経済委員会は、この計画に明確に反対したり、ボートピアそのものの廃止を求める委員がいませんでした。やっぱり、ボートピアそのものを廃止するしかありません!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 競艇 | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
10億円の着服
 今朝のテレビ番組で、茨城国保団体連合会の金を10億円着服した事件を報道していました。住民の納めた国保税を使い込むことなど許せないし、管理のずさんさは批判されて余りあるものです。

 報道では、その金をすべて競艇につぎ込んだとしています。普段は派手な様子もなく、まじめな男に見えたとか。ボートピア岩間で舟券を買っていたようで、きちんと勤務していたとのことからナイターレースにつぎ込んでいた可能性も高い。競艇で10億円使い切るということは、当たって返還される75%のお金も含めると40億円分にもなります。ボートピア川崎の舟券発売額(08予算)は、年間26億円程度だから、一人で1年半分の舟券を買ったことになるのです。

 市は「競艇は健全娯楽」としていますが、射幸心をあおるギャンブルであることは否定できません。競艇に頼らない市政運営を目指すべきではないでしょうか。

 

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 競艇 | 10:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
豊川の水はうまい!
 競艇運営懇談会で、ボートピア横浜を視察しました。新聞報道によれば「日雇い労働者たちが暮らす寿地区の表玄関」に、建設されていました。施設の裏側周辺を歩いてみると、300円の定食屋があったり、50円のコーヒーが売られ、横浜の物価とは思えない場所で、お世辞にもきれいな街とは言えないところでした。

 年間360日も開いており、昼も夜も売っています。しかも、同時に3場の発売をしているので、べらぼうな数のレースを売ることになります。もうけるためなら、何でもするという状況なのでしょうか。

 宿泊したのは、市内のホテルでしたが、とにかく水の不味さにびっくりしました。やっぱり「豊川の水」は美味しい! 「蛇口をひねればうまい水」というのも、金では買えない蒲郡のよさではないでしょうか。


     ボートピア横浜(有料席)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 競艇 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ