柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
労働力移動

 今朝の新聞に、民主党のマニフェストが折り込まれていました。そこには「国産米農家に廃業の危機!」の見出しに、「交付金半減に過去最悪の米価下落が重なった」とありました。このうえTPP交渉がまとまり輸入自由化が少しでも進めば、事態は深刻になることは明白です。

 何となく思い出されるのが、戦後の日本です。高度成長期である1960年から1975年にかけて、農業専業従事者は1310万人から656万人にまで減少したそうです。これに対し、労働者数は2224万人から3444万人に増加しています。この時政府は、住宅対策、職業訓練、広域職業紹介など種々の労働力流動化政策を講じたのです。安い労働力の確保を求める第二次・第三次産業の要請があったからに他なりません。この結果、大都市への人口集中と地方の過疎化が進んだことは明らかです。

 今また、日本の人口減少とともに労働力不足が話題となっています。通常であれば、売り手市場となる雇用環境ですから、労働条件の向上と賃金の上昇が考えられるのですが、現実は実質賃金の15ヶ月連続マイナスと非正規雇用の増加です。

 またぞろ一次産業から二次・三次産業への労働力移動が始まるのでしょうか。こうした動きは自然現象ではなく、政府の政策的誘導が大きな役割を果たしています。こうしたところに、政権が誰のための政治をしているかが現れます。政治家が企業のための政治を進めると、必ず国民がそのしわよせを受けることになります。

 今朝も、散歩中のご近所さんから「今度の選挙は入れる人がいない」と声をかけられたばかりです。有権者が選挙に期待を持てないのは、政治家のせいでしょうか、有権者のせいでしょうか……。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 私の主張 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.yas.sub.jp/trackback/1030196

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ