柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
単独親権と共同親権

 先日のTV番組が子どもの貧困について取り上げ、「1日2食で、いつもうどん」という食生活を報じていました。厚生労働省の国民生活基礎調査によれば、2012年の18歳未満の「子どもの貧困率」は16.3%に達しています。「子どもの貧困率」とは、所得が国民の平均値の半分に満たない世帯で暮らす子どもの割合で、2009年の調査時から0.6ポイント上昇し、過去最悪を記録しているそうです。

 特に深刻なのがひとり親家庭で、そこに限れば貧困率は54.6%に上るというのです。未来を担う子どもの貧困問題を解決することは急務です。

 昨日の中日新聞の社説には「離婚後の子育て」と題して、親権のあり方について問題提起をしていました。これまでに、多くの離婚相談を受けました。そんなとき「分かれるかどうかは二人の自由だが、子どもが不幸にならないための対処は最大限してほしい!」と言ってきました。

 日本では離婚すると親権は一方の親に限定されてしまいます。欧米では、離婚後も両親が親権を持つ共同親権となっているそうです。離婚時に養育費支払いの約束をしても、多くの場合滞ってしまうという話を聞きます。単独親権という制度にも原因の一端があるのではないでしょうか。

 嫌いになった相手だから、養育費も受け取りたくないという方もいますが、養育費は子どものための生活費ですから、堂々と受け取って子どものために使ってもらいたいものです。

 社説が指摘をしていた明石市の取り組みに興味がわきました。離婚届を取りに来た人に「養育合意書」の書式を配るのだそうです。養育費の金額や支払期間、子どもとの面会方法などを記入するようになっているとか。冷静になって決めておくことはとても有効だと感じました。ちなみに、離婚届にも養育費と面会交流に関する確認欄が設けられているとあったので、さっそく市民課で確認しました。

 蒲郡市も、明石市のような取り組みを積極的に行うべきでしょうね。議会でも議論する価値がありそうです。

 

  ↑ 離婚届に設けられた確認欄

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 私の主張 | 21:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
単独親権と共同親権の記事参考になります。離婚後の共同親権の法制化を推進している団体です。是非ご理解とご協力をお願いします。親子断絶防止法 議員連盟全国連絡会です。
| 太田誠一 | 2015/02/10 7:45 AM |









http://blog.yas.sub.jp/trackback/1030210

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ