柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
瑕疵担保責任と善管注意義務
 いつも無料の生活相談行っており、アドバイスをしたつもりがヒヤリとすることがしばしばあります。家を新築した方から「引き渡し後に問題が発覚した。建築会社にお願いしたけど解決しない」という相談でした。現場を見させていただき経過を聞き取り、建築会社にも出向いて相談しました。後日、文書で回答するということでしたが、結果的には「会社に責任はないから対応できない。改修費の見積もりは出しておく」というものでした。

 こちらの主張は瑕疵担保責任を問うものでしたが、会社は「瑕疵ではない」との主張。そこで思いついたのが「作業は本職がやっているのだから、プロフェッシュナルだ。少なくとも善管注意義務違反に当たるのではないか」です。とりあえず調べて、冷や汗をかきました。

 善管注意義務は、民法第644条「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」に由来しています。受託者には、その職業などに応じて客観的に期待・要求されるレベルの責任を果たす義務があるのです。ただ、仕事をするときに相応な注意を払って行えば、委託者の意に沿わない結果となっても責任は問われないというのです。

 一方の瑕疵担保責任は、民法第634条「仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる」に由来します。こちらは作業経過中はどうであれ、結果に問題がなければ修補する責任は問われないのだそうです。そもそも契約自体が、善管注意義務が適用される
委任契約瑕疵担保責任が問われる請負契約という根本的な違いがあるのです。

 会社に対し、その後の調査で明らかになった点を踏まえて再度こちらの主張を
内容証明で送ろうということになりました。その案文を考えていたのですが、善管注意義務違反の主張も加えようかと思っていたのです。出す前に気づいて、よかったぁ。もう少しで主張そのものがトンチンカンになり、大恥をかくところでした。日々勉強ですねぇ。


 ↑ 引き渡し前には、ちゃんとチェックをしないとね!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 生活相談 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.yas.sub.jp/trackback/1030250

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ