柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
ボートピア川崎は撤退を!
 昨日の経済委員会で市は、ボートピア川崎の運営を私人委託したいとの方針を明らかにしました。1997年度にスタートしたボートピア川崎は、98年度をのぞいてずっと赤字運営で、その累計は約30億円にのぼります(蒲郡分+常滑分)。競艇事業の目的は、市の財政に貢献することです。共産党は、当初から進出に反対し、赤字続きのボートピアを廃止するよう求めてきました。

 ところが、今回の提案は「施設のオーナー会社に経営を委託して、事業を継続する」というものです。しかも、その前提として委託のために機器の更新などに約2億円の費用を投じます。さらに、向こう3年分の赤字補填として4億5、000万円を一括して支払うとしています。これは貸付かとの問いには、「差し上げてしまうもので、破綻すれば戻ってこない」と答えました。管理費を持ち逃げされた市民会館を思い出さないわけにはいきません。

 受託会社の計画では2013年度には黒字が出せる見込だとしています。しかし、蒲郡市がどれだけの配分金を得られるかは、その時に相談するとしています。私人委託に要する6億5000万円の元がとれるのは、いつになることか全く不明です。

 オーナー会社は資本金3000万円の会社で、敷地内に温泉を掘って温浴施設をつくったり、温水プールや有料老人ホーム、リハビリセンター、霊園開発分譲なども実施する計画だといいます。

 共産党のいない経済委員会は、この計画に明確に反対したり、ボートピアそのものの廃止を求める委員がいませんでした。やっぱり、ボートピアそのものを廃止するしかありません!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 競艇 | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
ちょっとヒドイ話ですね。そもそも役所はビジョンもないままに赤字を垂れ流し、そのつけを市民へと負担させるの得意技だからね。頭の悪い連中に金預けちゃダメだよー役所は能無しのあほばっかりなんだから。弱者救済のためにかね使えよ。
| 氏家 | 2009/06/18 8:13 AM |









http://blog.yas.sub.jp/trackback/774739

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ