柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
藤枝市立総合病院を守る会
 昨日は、藤枝市立総合病院を守る会の結成総会で、蒲郡市民病院を守る会の運動の様子を報告して欲しいとの依頼があり、出かけました。藤枝でも産科が閉鎖され、困っていました。

 持ち時間1時間ということもあって、パワーポイントを使ってみました。初めての挑戦にしては、まずまずの出来だと自負しています。報告は分かりやすかったと好評で、苦労した甲斐がありました。ソフトをお持ちの方は、ちょっとダウンロードするのに重くて時間がかかりますが、一度ご覧下さい。


  藤枝市立総合病院を守る会結成総会でのレポート

 パワーポイント(ソフト)をお持ちの方は、上の画像をクリックしてください。画面が現れたらキーボードの「→」「←」キーで画面を進めたり戻したりできます。試してみてください。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
市民病院副院長のお話
 市民病院を守る会が「河辺先生のお話を聞く会」を開きました。先生は市民病院の小児科を担当する医師で、副院長でもあります。日々の様子や小児科医からのお願い、新型インフルエンザ対策、市民病院の現状と展望など、盛りだくさんの内容を、ジョークを交え分かりやすく話してくださいました。

 患者からも、院内スタッフからも信頼されているという評判どおり、気さくで前向きな人柄が伝わってきました。河辺先生には、いつまでも市民病院で頑張って頂きたいと願わずにはいられません。

 先生は「医師会の休日診療所が頑張って患者を引き受けていただき、救急の負担が減って感謝している」と話されていました。さらに、夜間診療所の開設を希望しているとの話に、議会で提起した私には、我が意を得たりの心境でした。



  お話しをする河辺副院長(小児科)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 23:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
河辺副院長のお話を聞きましょう!
 蒲郡市民病院を守る会が、河辺小児科副院長先生のお話を聞く会を計画しました。先日、蒲郡あけぼの幼稚園にチラシ配布のお願いにいったら、快く引き受けてくださいました。

 今日、フィールの店頭でチラシの配布をしていたら「あ、これ幼稚園でいただきました」「保育園からもらったよ」という方にたくさん出会いました。さすがに、幼稚園や保育園での配布は効果抜群ですね。小児科の先生のお話ですから、ぜひ聞きに来てください。

 インフルエンザの流行が気になるところですが、その対策についても先生からお話を聞かせていただくようにお願いしてあります。


   河辺先生のお話を聞く会

  日時:9月27日(日) 午後2時より
  場所:蒲郡市民会館 中会議室(1F)
  お話:蒲郡市民病院 副院長 (小児科)
     河辺義和先生
  料金:無料
  主催:蒲郡市民病院を守る会(連絡先:69−9618)


  「河辺先生のお話を聞く会」のチラシ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
東海自治体学校へのレポート
 5月24日に開かれる予定の「第35回東海自治体学校」で、蒲郡市民病院を守る会の活動について報告するよう求められていました。守る会の中で都合のつく人がいないため、お鉢が回ってきました。

 お暇な私には断る理由も見あたらず、了解したのが運のつき。安請け合いしたら、事前に冊子に掲載するレポートを提出するよう求められました。井上ひさしをまねて「遅筆堂」を名乗る私としては、何ともプレッシャーの大きいこと。

 予想どおり第一次の締め切りは勝手にパス! 念押しされている最終締め切りを明日に控え、何とか形だけは整えました。ふぅ。とりあえず、メール送信しておきましょう。読んでみたいという奇特な方がいたら、こちらからどうぞ。



  クリックで拡大します
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
勤務医は多忙
 市民病院の医師を増やそうと運動している「蒲郡市民病院を守る会」が、千葉副院長の話を聞く会を開きました。会の予想を上回る64名の参加者があり、何度もイスを追加する盛況ぶりでした。

 副院長からは最初に、5月までに5名の勤務医が増えることと運動をすすめた「守る会」への感謝が述べられました。講演では、ふだんあまり聞くことのできない医局のしくみや医師のよろこび、研修医制度の問題などについて伺うことができました。ところどころで政府のやり方に対する現場の気持ちや意見なども聞くことができました。

 後半のインタビュー形式でのやりとりは、TV番組のカンブリア宮殿をイメージして提案したものです。「病院のロビーにある勤務表には週数回の勤務しかないが、あとは何をしているのか?」という質問には、ていねいな回答がありました。聞けば毎月の残業時間は110時間から130時間。さらに拘束をされる時間もあるとのことで、医師の忙しさは予想をはるかに上回っていました。

 改めて、困難の多い市民病院の勤務を長く続けてくださる医師に感謝します。会としても市民病院が安定して運営できるよう、いっそうの応援を続けることにしました。



  インタビューに答える千葉副院長
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛知県の医師確保対策に失望
 愛知県の新年度予算で「医師確保対策費」が大幅に増やされました。昨年度予算の8倍にもなったことに期待もしていました。ところが喜んでばかりもいられないらしいのです。

 大幅に増えたのは「救急勤務医等支援事業費補助金(約4億円:全額国庫補助)」です。この補助金は、救急勤務をする医師に休日(13,570円)、夜間(18,659円)の手当てを出すためのものです。

 国の補助率は1/3で、残りを県が1/3、市又は病院が1/3という構想のようです。ところが愛知県は財政状況が厳しいことを理由に、県の補助を計上しませんでした。その結果、市町村も応じられず、愛知県病院協会は申請する病院がないとしています。

 3万人もの署名を集め県知事に陳情したときには、「重く受け止める」とし、医師確保に努力する姿勢を示していました。設楽ダム建設などのムダな事業には多額の予算を付けるくせに、肝心の県民の命をまもる予算をケチる県政には失望です。やっぱり、共産党の県会議員がいないとダメですね。急ぎ県に補正予算を組ませるか、もう少し使い勝手のよい活用ができるように補助基準を変えさせる運動を起こさねば!



  開花が楽しみな「ぼたん」
   ↑記事とは関係ありません
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
市民病院の医師が5名増!
 市民病院の医師確保運動を進めてきましたが、新年度の医師の状況がはっきりしてきました。今年の年初は37名の常勤医で、今後の地域医療に不安がありました。

 整形外科は減員が見込まれていましたが、着任が確保され維持することができました。5月までに新しく着任する医師は11名。もちろん、入れ替えとなる診療科もあり、総数で42名となる見込です。全国で医師不足が叫ばれる中、5名の増員は突出しているのではないでしょうか。関係者の努力に心からお礼を申し上げます。

 休診中の消化器内科も6月には再開できる見込と聞きます。スーパー前で配布した「蒲郡市民病院を守る会」ニュースを受け取った市民から、たくさんの感謝の言葉をいただきました。

 市民病院の桜も綺麗に咲いています。地域医療を守る運動を、いっそう発展させていく決意です。



  市民病院の桜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
市民病院の医師が増えそうです
 市民病院の医師が増え、休診中の「消化器内科」が再開し、入院患者の受け入れが可能になる見通しとなりました。直接の効果ではないかも知れませんが、医師確保の運動を続けてきた者としては、とても嬉しいニュースです。

 詳しくは市政報告451に書きましたので、ご覧下さい。



  市政報告 451号 (クリックで拡大します)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤旗に大きな記事が載りました
 市民病院を守る会の運動について、赤旗に大きく掲載されました。ここをクリックしてみてください。

 全国に報道されたため、あちこちから問い合わせや、資料を送って欲しいという連絡がありました。どこも医師確保、病院の経営には苦労しているようです。この問題も雇用問題と同じで、政府の失政が原因ですね。国民の命や暮らしを大事にしない政治は、国民から見放されるでしょう。

 総選挙で、はっきりとした意思表示をしましょう!

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
市民病院の将来は………
 東三河の自治研が「公立病院等地域医療連携のための有識者会議」の勉強会を行うとのことで、出席をしました。土曜日にもかかわらず、愛知県の医療福祉計画課主査の林さんが来て、説明をしてくださいました。

 私が注目したのは「外来救急を定点で行う」というくだり。まさに、共産党が議会で提案し、具体化を求めた内容でした。問題は医師会の協力を得ることですが、市は裁判を起こしている相手でもあり、なかなか本腰を入れて具体化しようとしていません。

 どうやって具体化するのかとの問いには「有識者会議に県の妹尾医師会長もいるので、県医師会を通じて働きかける」と答えたものの、蒲郡市と蒲郡市医師会との問題では「訴訟となってはものも言えない」と苦り切った様子でした。

 「市民の命と健康を守る」という一致点で、蒲郡市の医療や保健をどう構築するのかという大きな視点での協議や取り組みが必要ですね。市長の腕の見せ所なのですが………。


  有識者会議について県の担当者に聞く
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 市民病院 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ