柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
駐輪マナー

 蒲郡駅で市政報告を配布しているとき、気になるのが駐輪のマナーです。朝は、シルバー人材センターの職員が整理をしていてくださいますが、自転車用のスペースにバイクを置いたり、通路や駐車スペース以外のところに放置していく人が結構いるのです。シルバーの職員がせっせと移動させるので、空いたスペースにまた置いていく不心得な駐輪は後を絶ちません。

 ちゃんと並べ直すように注意しても、駆け込んでいく通勤通学者にはその余裕はありません。そこで「明日からはちゃんと並べてね!」と声をかけることにしています。知らん顔をされることが多いのですが、苦笑いしながら「はーい」と言っていく高校生もいて、ちょっとほっとします。

 昨日は、その声かけをした高校生が戻ってきて、自転車を移動してちゃんと並べなおして行きました。おもわず「ありがとう」と声をかけましたが、気持ちが伝わったことが嬉しかったですね。
 

 きょうは三谷駅で配布しました。市政報告を受け取って、いったん駅舎にはいった乗客が戻ってきて曰く「柴田さん、一人で配ってないで、仲間を作って何人かで配りなさいよ」と。確かに! でも、他人に頼むことが苦手なんですよ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
活字離れ

 ワシントンポストが、ネット通販大手のアマゾンに買収されることになったそうです。250億円といいますから、ちょうど蒲郡市の一般会計くらいですね。同紙は、ワシントンDCのローカル紙ですが、全米5位の発行部数をほこる新聞です。インターネット時代に入り、紙ベースの新聞にスポンサーが付かなくなったことが原因のようで、広告収入にたよる新聞は今後同様な危機に遭遇することになりそうです。

 確かに、蒲郡市内の新聞部数も減っているようで、「市政報告」の新聞折り込み数は、議員になったばかりの頃に比べ大きく減っています。駅頭での「市政報告」受け取りが、当時から半減していることからも、活字離れの傾向は肌で感じています。以前はほとんどの人が受け取ってくれましたが、今は半数も受け取ってくれません。

  心配なのは、関心や必用のある人しかニュースを読まなくなることです。結果的に世論に偏りが生じたり、情報を掌握する者が都合良く操作して、民主主義を歪めることが起きるのではないでしょうか。ますます弱い者にしわ寄せがくるような気がします……。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
失言?

 親戚の不幸と義母の体調管理が続き、夫婦が交代で姫路まで往復する毎日が続いています。5月には父を亡くしているし、だんだんそういう時間が増える年頃になったのだと実感します。この暑さもあって、高齢者の体調管理が大変なことを身近に体験しています。

 麻生太郎氏が、ナチスが全権委任法を制定しワイマール憲法を死文化させた経緯を引き合いに「誰も気づかないうちに変わった」「あの手口を学んだらどうか」と発言し、世界中から批判を浴びています。

 麻生氏は「ワイマール憲法の経緯について、極めて否定的にとらえていることは明らかだ」と釈明していますが、「あの手口を学べ」との発言は全く逆の趣旨でしか聞こえません。これは失言と言うよりも「本音が出た」を見るのは当然でしょう。

 選挙圧勝で気が緩んだのではとの解説もありましたが、何よりもこんな考えの人が政治の中心にいることを憂うべきだと思います。国民の監視がないと、何をしでかすか分からない政治体制になったことを肝に銘じておくことにします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
富士山の世界文化遺産登録
 富士山の世界文化遺産登録が決定したというニュースが大きく取り上げられました。「荘厳な姿は信仰の対象と芸術の源泉で、西洋芸術の発展にも顕著な影響をもたらした」という評価なのだそうです。浮世絵の影響が大きかったのかなぁと思ってしまいますね。今朝もTVの報道で、富士山についての論評がされていましたが、その一つに自衛隊の演習場の存在が指摘されていました。

 確かに、文化遺産に演習場は似合わないし、撤去したいものです。お隣の静岡にあるのに、この演習場についてはよく知らない存在です。調べてみたところ、東富士演習場と北富士演習場の2ヶ所がありました。いずれも陸上自衛隊が管理しており、東富士が88.09㎢、北富士が45.97㎢で、都合134㎢もあります。これは蒲郡市の2.4倍もの面積に相当する広大なものです。

 世界遺産の対象は標高1500m以上の範囲としています。演習場がその部分に含まれるのかどうかよく分かりませんが、地図に演習場を色塗り(紫部分)してみると、その広さに驚かされます。そういえば、美保の松原も行ったことがないなぁ。

 
   ↑ クリックすると拡大します
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
食品の裏側

 食品添加物の元トップセールスマンが書いた「食品の裏側」を読みました。少し以前の本で、わが家のボスの勧めもあり手にしたのですが、一気に読み上げてしまいました。以前からうすうす気にしていたことが、ズバリと書かれていました。

 先妻を亡くし主夫をしていたころは、何のためらいもなく「だしの素」を使っていました。みそ汁を作るときですら使ったものです。反抗期の娘はそれすら食べず、調理パンを朝食にし、コンビニ弁当を昼食にしていました。今思えば、食品添加物のオンパレードだった気がします。今でこそ台所から「だしの素」はなくなりましたが、子どもたちの味覚は大丈夫なのでしょうか。

 私自身、嫌いな食べ物がなく、何でも美味しくいただけることが自慢なのですが、単なる味音痴なのかもしれません。会社勤めをしていたころは、誰よりも早く昼食を食べたものでした。確かなものを味わって食べる習慣をつけることにしましょう。

 「食品の裏側」に登場する「プリンハム」には、納得させられました。何と100kgの豚肉から130kgのハムを作るというのです。30kgは水とゼリーなんだとか。店頭で見かけるグラム100円のハムが、それだというのです。魚市場で魚を買い求め薩摩揚げを作るのは楽しいのですが、その手間を考えると市販の練り物はどうしてこんな価格でできるのか疑問でした。でも、その回答も書かれていました。

 出来合いの食品を減らし、ちゃんと素材から調理して食べる食生活に心がけることにしましょう。

  
   ↑ 100%ハモのすり身でつくった薩摩揚げ

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
暖かいエピソードで魅力発信を
 昨日「蒲郡市の魅力」発信について書いたら、Facebookに次のような書き込みをしてくださる方がありました。ご本人の了解をいただいていますので、ぜひ市長の進めようとしている蒲郡PRにも、こんな話題を加えていただけたらと思います。日常の中の何気ないところに、その町の魅力が隠されていることがあるのではないでしょうか。このようなエピソードの発掘もおもしろいと思います。バスの運転手のモチベーションアップにもつながると思いますしね。

……… 太田さんからのメッセージ ……… 

蒲郡から離れて暮らしてみて、感じることがあります。

時々、蒲郡に帰ると感じるのは、やっぱり 人が温かいんですよね。特に、バスに乗ると実感します。都会に比べ本数は少ないですが、運転手さんが優しいんですよね。蒲郡の自慢の一つだと思います。

名鉄バスの運転手さんは、乗る人が、必ず座ってから、発車してくれます。その時にも、「あわてんで、いいでね」 もちろん、降りる時も、声をかけてくれます。間違えて、降車ボタンを押してしまった時も、「大丈夫だで、いいでね〜。」

おばあちゃんが、勘違いをして、定期を購入しようとした時も、「まだ、来月まで乗れるでいいでねぇ。また買っちゃうと、うちが儲かるだけだで、買わんでいいでねぇ、来月の終わりにまた、買ってくれるかねぇ。期限が切れそうな時、また運転手が声かけるで、心配せんでいいよ」と。

乗客の方の年齢層も、高めなのかもしれませんが、すごく、優しい方ばかりなんですよね。それを実感したのは、蒲郡以外で、バスに乗る時です。ひどい時は、乗った瞬間、発車したり。ちょっと、乗客の人が、聞いたら、あからさまに、迷惑そうに返事をしていました。

確かに、乗客人数も多く、いろいろ大変かもしれませんが。蒲郡市のバスの運転手さん達は、素敵ですよ。蒲郡のいい所、たくさんの人に知ってほしいなと思います。

………………………………………………………………

  竹島
    ↑ 蒲郡市の名所 竹島
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 19:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
XPの寿命あと1年

 Windows XPのサポート期限は2014年4月8日で、ちょうどあと1年となりました。XP愛用者としては、なかなか深刻な問題です。Vistaは評判が良くないし、Win7やWin8に乗り換えるには、ハードが追いつかないような気がします。

 かといってインターネットにつながずに使える用途は限られるし、セキュリティーを無視して使えば他人様に迷惑をかけることになるだろうし……。ぎりぎりまで使い倒して、パソコンそのものを買い換えるか、印刷機用にオフラインのみで使おうか。

 わが家のパソコンは娘のMACを除けば、息子の使うWin7が最高峰で、ボスの使うVista、私の使うXP(ノートとデスクトップ)という序列です。あとは講演会や演説会でパワーポイントを使うためのミニノート(Win7)です。

 そういえば市役所の議員控え室のパソコンもXPでした。こちらは最適化のなかで、更新されることになるでしょう。インターネットの遅さから、あまり使う機会のない議員用パソコンですが、更新のあかつきには早くなるのでしょうか。遅い原因が厳重なセキュリティーにあるとすれば、期待薄ですけどね。

 来年の今頃は、XPの乗ったパソコンが一斉に廃棄されるのではないでしょうか。時々バックアップとリカバリを繰り返していれば、以外と快適に使えているんですけどね。もったいないと思うのは、貧乏人のひがみでしょうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
総排泄腔

 しばらく別荘暮らしをしているせいか、窓の外を眺める日々が続いています。しかも消灯が10時のため、どうしても早起きになってしまいます。今は、強風にあおられながら1尾のツバメが手すりにとまっています。えぇっ? ツバメってもう渡ってきてるのかぁ? ツバメじゃないかも……。

 数日前の手すり上には、カップルのスズメがきて交尾をしていました。スズメがこの50年間で1/10に激減しているという環境省の報はショックでしたよね。ぜひ、立派な子孫を残してください。

 ところで、鳥類の総排泄腔をご存じですか。は虫類もそうですが、鳥類は基本的に直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官を持っています。言い換えると鳥類はペニスを持たないので、オスメスが協力し合って、総排泄腔を重ねて交尾をするのだそうです。ですから強姦はありえず、けなげに舞を披露したり、豪勢な巣をつくってメスの気に入られるように努力しないとパートナーが獲得できない映像を見かけるのがうなずけます。

 春の嵐も過ぎ去り、穏やかな日差しの中で、生き物たちの活動が活発になる季節になりました。自然環境を守りながら、人々が安定して暮らせる社会を築いていきたいものです。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
タバコの電子化?

 みなさんは「電子タバコ」をご存じでしょうか。知人の話を聞いて、初めて知りました。

 ウィキペディアによれば「煙の代わりに少量の蒸気を吸引する、たばこに似せた吸引器である。また香りや味を風味に加味させた製品やニコチンを含む液体を使用した製品もある。タバコでも禁煙具でもない1つの嗜好品」とあります。ニコチンの多いカートリッジから始め、徐々に少ないカートリッジへ移行し、最終的にはニコチンを含まないカートリッジに移行することでニコチン依存から脱却できるという「禁煙プログラム」も紹介されています。ただし、ニコチンの入ったものは薬事法で禁止されているため、国内での販売はできません。個人輸入で入手している人もいるようです。

 おもしろいのは、 
  _个鮖箸錣覆い燭甓仍の危険がないこと
  副流煙がないので周囲への影響が少ないこと
  タールが入っていないので部屋を汚したり、臭いが残らないこと
  ぅ織丱海茲蠅皸他紊りであること
  イ匹Δ靴討皀織丱海里笋瓩蕕譴覆い慮寂しさを紛らわす効果が期待できること などです。

 2008年頃から取り上げられているそうですが、粗悪品も多く、事故もあったとの記述がありました。アメリカのFDAは、毒性物質が含まれることを報告し、WHOはこどもが使用することでニコチン依存の増大と喫煙に向かわせるリスクを懸念しているそうです。

 製品の品質向上や使う液体の管理、タバコ税の減収は横に置いて、タバコが電子化されたら火事が減るだろうなぁと想像するのは私だけでしょうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 21:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
駅の公衆トイレ

 蒲郡駅の西側高架下に、「観光交流センター(ナビテラス)」がオープンし、記念式典が行われました。私が密かに喜んでいるのは、駅前に公衆トイレが復活したことです。駅前で「市政報告」の配布をしているとき、タクシーの運転手や近隣の方から幾度となく「立ちションがひどい!」と苦情をうけてきたからです。

 駅前広場やその周りにはきれいに整備された植え込みやビルの陰がありますが、夜になるとトイレに変わることがあるあるのだとか。駅南には仮設トイレがありましたが、目立たず、遠いこともあって、マナーの悪い人が後を絶たなかったようです。

 私が不満なのは、駅を高架にしたときにJRが改札口の中にトイレを設置し、一般の方の利用をできなくしてしまったことです。鉄道高架費用もJRの負担はほんのわずかでした。市が多額の費用を投じてつくった駐輪場も壊し、JRの有料駐車場になってしまいました。市は改めて遠いところに駐輪場を作り直しています。駅利用者の多くは電車を利用するJRの客なのです。駐輪場やトイレを設置しようとせず、全て自治体に作らせることはいかがなものでしょうか。

  
   ↑ 高架下(観光交流センター西)に新しくできた公衆トイレ
 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | つぶやき | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ