柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
ブロッコリーの脇芽

 急に春めいたせいで、菜園の野菜が一気に花芽がでて、食べるのが追いつきません。トウの立ち始めた水菜は堅くなるので、断念して処分しました。菜の花も一気に開き、花畑になってしまいました。ブロッコリーは3本植えただけなのに、毎日弁当に詰めても追いつきません。しかも、この時期の百姓はどこも同じ状態で、となりのおばちゃんからも、叔父さんからも、山のような野菜が届きます。

 そこは関西出身の我が家のボス。ご近所さんやマラソン仲間、知人宅へと、次々と押しつけてきます。きょうも、あちこちまわりブロッコリーの山を処分してきました。

 この時期の野菜は虫に食われることがないので、まねごとで作る野菜でも立派に収穫できます。無農薬が自慢の菜園は暖かくなると蝶の楽園に早変わりし、美味しい葉っぱは虫たちのもの、葉脈だけが人間様のものとなります。ぼちぼちサヤエンドウの花が咲いてきたので、収穫が楽しみです。

 
  ↑ メインの株を収穫後のブロッコリー。脇芽がいっぱい出てきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
命がけのミカン

 毎週金曜の夜は、知人宅で政治談義に花を咲かせています。いつだったかその知人宅で「美味しいミカンがある」と、みんなでご馳走にあずかりました。そこで、今回はとっておきのミカンを持参し、評価をしていただきました。

 みかけは何の変哲もない、ふつうの青島です。ただ、食べた人は一同その甘さに驚きます。じつはミカンの木が命がけでつくった実なのです。環状剥離という手法で、木の根元の樹皮をぐるりと剥いでしまうのです。水を吸い上げることができなくなった木は、最後の力を振り絞って実をみのらせるのだそうです。その結果、とても甘くて濃厚な実ができあがります。

 もちろん、その木は翌年度から使えませんので伐採します。兄の畑で、木が生長して間引きをする際に試したものをいただきました。マルチ栽培の箱入り娘も、水分を抑制して栽培したものですが、その究極の方法ですね。50年以上もミカンを食べ続けてきましたが、驚きの一品でした。


 
  ↑ 左が環状剥離でつくった青島、右は普通の青島です

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
世界一美しい野菜の花
 わが家の隣は、父のみかん畑です。みかんの木が1本痛み撤去したのを機会に、家庭菜園として野菜をつくらせてもらっています。ネコの額ほどといいますが、わが家の菜園は「みかん1本ほど」というわけです。

 これが結構重宝で、今年もキュウリやナス、カボチャ、トマト、ピーマン、ミニトマト、オクラ、ゴーヤ、里芋などが所せましと植えてあります。基本的に無農薬と自慢していますが、どちらかというと無管理に近い状態です。そのためか菜園では、やけにチョウが舞い、蚊の襲撃にあいます。

 でも、2本植えただけのキュウリは、毎日10本ほどの収穫が続き、処分に困るほどでした。完熟のミニトマトはスーパーのものとは明らかに甘みがちがい、毎日食べきれないほど色づきます。猛暑のおかげか、今年も豊作でした。なめくじや虫による傷さえ気にしなければ、この時期の野菜の供給源としては十分でしょう。

 野菜の中で、世界一美しい花を咲かせるのは「オクラ」だそうです。確かにハイビスカスを思わせるような、夏にふさわしい花です。しかも咲いたその日に散ってしまう潔さは、どこかの政治家さんに見せてあげたいですね。


  野菜の中で最も美しい花
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
みかん切り
 きょうは実家のみかん切り。みかんの収穫量は毎年増減し、今年は収穫量の多い年に当たります。当たり年は価格が低迷し、労力のかかる割に収益があがらない農家泣かせの年になりがちです。今年はどうなることでしょう………。

 実家は早生ミカンをやめて、収穫時期の遅い奥ミカンを中心に栽培しています。この時期が収穫のピークです。今年は18号台風の強い風にさらされて、傷が多いかと心配しましたが、それほどでもないようです。

 1年かけて大事に育て、1回だけの収穫です。かけた労働に見あうだけの収益が得られ、後継者も安心してあとが継げるようにしたいものです。国の農業政策は、抜本的に改める必要がありそうですね。



  高いところのみかん切りが、私の任務でした


   
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
自然薯でとろろ汁
 定年後に農民生活をエンジョイしている方から、じねんじょをいただきました。有機農業にこだわってつくった自然薯。「もう一回肥料を施しておけば売り物になったのに」と、残念がっていました。規定の300gに満たないため、出荷できないそうです。ごちそうさま。

 ただ、有機肥料だと3回〜4回施肥が必要なのに、化学肥料なら1回で育つという話には、ちょっとびっくりしました。私の百姓のまねごととは違いますねぇ。

 自然薯はすぐに乾燥するから早めにというので、さっそくとろろ汁にしてみました。すり鉢でおろすのは結構たいへんですが、あとの楽しみを考えてがんばりました。いもの首の近くはすこし固めで、アクも強いようです。レシピどおり卵黄とだし汁で伸ばして、のりを添えていただきました。

 うまい! やっぱりスーパーの長いもとは違いますねぇ。少々贅沢に、たっぷりかけて、すすり上げました!


  じねんじょ、いただきました!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
さくらんぼ泥棒
 植えておいたカボチャのつるが垣根に伸びて、そこで実を結んでいました。ずっしりと重くなり、「あと1週間くらいで収穫だ」と楽しみにしていたのです。ところが、そのカボチャが忽然と消えてなくなっていました!

 確かに道路に面したところで実を結び、「どうぞ採ってください」と言わんばかりの状態であったことは間違いありませんでした。が、しかし、だからといって、丹精こめて育てた私に無断で消えることはないじゃないか! 恩知らずなカボチャめ!

 泥棒にあった「さくらんぼ農家」の気持ちがよく分かります!


   消えたカボチャ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
なめくじ退治
 今年もなめくじの季節がやってきました。春先からみのり始めたさやえんどうも、ずいぶんなめられて穴があきました。チンゲンサイは、青虫の食害とのダブルパンチで、人間様の食べるところが残っていません。でも、自宅で食べるだけだから無農薬にこだわって、穴あき野菜を食べています。

 このブログのアクセス解析を見たら、最近は「なめくじ」で検索して来る方がたくさんいました。ずっと以前に「俄か百省」さんから頂いたコメントが注目されているのではないかと思いますので、ここで再掲したいと思います。



………なめくじ撃退法………(俄か百省さんからのコメント)

 芽の周りに、ナメクジは入ってこられないバリアを作る方法のほか、ナメクジの好きなもので誘引する手があります。

^み残したビールを多少深さのある容器に入れて置くと、翌日溺れ死んでいます。深さのない容器では、飲み逃げされますので無意味です。この方法は、必ず毎日継続的に行う為、アルコール飲みの御仁には勿体無くてお勧め出来ません。

▲譽ュラーコーヒーを良くお飲みになるご家庭の場合は、コーヒーの出殻糟を地表部に撒いておくだけで大変有効な忌避効果が期待出来ます。但し、殺すまでには至りませんので根本解決には繋がりません。

キュウリの古くなったものを縦に切り、地表部に置いておけば誘引効果が高く、集まったナメクジを割り箸で摘まみ取り、踏み潰す捕殺法が有効です。古い半分腐ったようなキャベツの葉でも誘引効果は絶大です。

な胴膿緲彊法が、手間要らずで効果絶大です。
捨てても構わない様な古バケツに、米糠を水でよく溶き15cmくらいの水位にして、被害の顕著な場所付近に夕方置き、翌日まで放置します。
ナメクジは米糠が大好きで良く集まります。コーヒー糟と同じく米糠には強い油分があり、一旦米糠水に浸ったナメクジは身体全体に油がコートされ、バケツの壁面を攀じ登る事が出来なくなります。



   真夜中のなめくじ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
まだ収穫してます、ゴーヤ
 我が家のゴーヤはしぶとく、いまでも収穫が続いています。さすがに真夏に比べると実は細く、貧弱だけど、とりあえず食べられます。

 道路端に「ご自由に」として、食べきれない分を置いてあります。意外と持って行ってくださる方もいて、残ることはありません。先日はカンパを置いていってくださる方も居ました。ラッキー!
 

  季節はずれだけど、ゴーヤ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
なめくじ
 去年はそうではなかったが、今年はなぜか発芽したばかりの芽を片っ端から虫に食べられてしまう。犯人は誰かと思っていたが、どうもこいつらしい。

 小雨の降る夜中に畑に出てみたら、ナメクジが新芽をなめていました。被害にあったのは、いんげん豆、えんどう豆、オクラに大根など。植えても植えても育たない! でも、退治するのも忍びなくて……。一定の大きさに育てられれば、ナメクジに負けることはなさそうだから、根くらべかな。そこで、ポットで少し大きくなるまで育ててから、植えかえてみることにします。

 うまい方法があれば、教えてください!
 


     小雨の降る夜に、新芽を食べるナメクジ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 23:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
ゴーヤが生えた!
 最近、父の畑の一角を借りて、野菜作りをしています。先日は、丹精込めて育てたタマネギを収穫しました。種から育てたので、丸々としたタマネギに大満足です。

 昨年植えたゴーヤは、食べきれないほど実って、さすがのゴーヤ好きもお手上げ状態でした。黄色くなるまで実らせて、種を取っておき、今年植えてみました。なかなか芽が出なかったけれど、どうしてどうして、しっかりとした太い苗に育ちました。さあて、今年も食べまくるぞ〜!


      力強く芽吹いたゴーヤ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 百姓のまねごと | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ