柴田安彦の気の向くままに

    蒲郡市議・柴田安彦の気ままなブログです。 ぜひ、コメントをお願いします。
ステルス機
 米紙「ワシントンポスト」が伝えたところによると、レーダーに探知されないステルス戦闘機F22は、1時間の飛行に30時間の整備と400万円の費用がかかるそうです。

 アメリカでの調達価格で1機約130億円、現行主力戦闘機の約5倍もするそうです。F22の調達中止・輸出禁止の方針を打ち出したオバマ政権に対し、議会は「日本への輸出を検討」する議案を可決したそうです。

 アメリカでは買えないから、日本に買わせようという米議会の発想には驚かされますね。もちろん、価格はアメリカ調達よりも格段に高くなるはずです。アメリカ言いなりの日本から早く脱却しないと、とんでもない買い物をさせられそうです。

 仮に総選挙で民主党政権が誕生したら、オバマ氏に同調するのでしょうか、議会に同調するのでしょうか? 憲法9条をもつ日本は、武力によらない世界平和の先頭に立つべきですね。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
国民平和大行進を歩きました
 きょうは国民平和大行進。豊橋市役所から蒲郡市役所までのコースは、県下で一番長い距離です。議会告示日で議案説明会があるなど、ほんのわずかな距離しか歩けませんでしたが、それでも今年の行進はワクワクします。参加者も例年に比べ多かったようです。

 誰もが口にしましたが、オバマ大統領が核廃絶を明言したからです。ただ逆流も大きく、これを実現するのは容易ではありません。それを可能にするのは力は、何と言っても世界の人々が運動を盛り上げて、核兵器にしがみつく流れを包囲することです。だから、平和行進にも力がはいるのですね。

 行進後の歓迎集会では、市内の被爆者や今日一日を歩き通した被爆者も発言しました。原爆投下の時、バラシュートで落とされる原爆を眺めていたそうです。その時の悲惨さを話しながら、核廃絶の意義を訴えられたのは印象的でした。世界から核兵器を廃絶するまで、力を合わせて頑張りましょう!



  市役所通りを行進する平和行進

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
核兵器廃絶へ
 オバマ大統領が「核兵器廃絶」をめざすことを公言し、世界が本気でその方向を目指すことが望まれています。

 今朝の新聞には、ニューヨークの国連本部で開かれている核不拡散条約(NPT)再検討会議の準備委員会が、来年の再検討会議の議題案について全会一致で合意したとしています。、議題案には、「核兵器の全面廃絶に対する核兵器保有国の明確な約束」をうたった2000年の再検討会議合意文書を踏まえたNPTの運用見直しが含まれています。

 つまり、「核兵器廃絶」を核保有国が約束することで、他の国には核を持たせないとの条約を結ぶというのがNPTだったのです。ところがアメリカが勝手にこれを拒否したため、新たな核保有国が生まれる口実とされているのが現状です。オバマ大統領のメッセージがこの準備委員会で読み上げられ、そこでも「核兵器のない世界という平和と安全の追求」を改めて訴え、「米国がNPTの約束を果たす」と表明しています。

 核兵器に固執する勢力や、「核の傘」から抜け出せない日本政府を一気に追い込み、世界から核兵器をなくす流れを作るチャンスですね。この話を、まとめたニュースを作ったので、見てください。



  「国政事務所ニュース」をつくりました

  
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
品川正治の話
 「戦争・人間そして憲法9条」と題する品川正治氏の講演会を聞きました。主催は「あいち九条の会、東三河九条の会」です。

 品川氏は、元経済同友会副代表幹事で、同終身幹事。1924年生まれだから誕生日がくれば85才。その長き人生の体験から、結論として「戦争をするな、憲法9条を守れ」の立場を明快に表明しています。

 一般に、経済界は「憲法改正」に熱心です。アメリカの要求に応えようという立場でしょう。そういう中で、体験的に平和を希求する立場を明確にした講演に、元気をいただきました。


  あいち九条の会「県民のつどい」
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
被爆者行脚で市に要請
 毎年、愛知県原水爆被災者の会(愛友会)が行う、県内被爆者行脚に同行し、市に要請を行いました。いずれも80才を超える被爆者が、元気に参加しました。

 愛友会が掲げる目標は
  ヽ棒鐐莎こすな、核兵器なくせ
  原爆被害への国家補償          です。

 国に対して起こしている「原爆症認定訴訟」は各地で勝利しています。こうした運動に理解を求めるとともに、市としても被爆者支援を行うよう求めました。また、非核都市宣言を行って、反核平和の都市として行動するよう求めました。

 蒲郡市は定期健診の旅費を補助していますが、補助金見直しによって減額されました。このため、広島で被爆した人は利用できるが、長崎で被爆した人は自己負担が多く、健診にいけないとの実態があります。元に戻して欲しいとの要望も出されました。

 市の回答は、いずれも積極性に欠けるもので、高齢となった被爆者の期待に応えるものではありませんでした。「来年もまた来ます」と言葉が印象的でした。


  市に要請をおこなう80才を超える被爆者たち
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
核兵器のない世界に!
 きょうは、広島に原爆が投下されて63年目の原爆忌。未だに原爆症認定訴訟が続き、新たな患者が認められていること事態、政府の不誠実な戦後政策を裏付けるものです。被爆者の年齢からしても、急ぎ被爆者援護の充実が望まれます。

 ビラをまいていたら、被爆者だという方に声をかけられました。蒲郡市の被爆者支援も、行政改革の影響か減額されたそうです。「この補助金で健康診断を受けていたが、減額でままならない」と嘆いていました。ここは削ってはならない支援でしょう。

 世界の核兵器は、26,000発。冷戦時代の7万発から比べれば、減ったとはいえ、その威力は広島型原爆の187,500発分に相当するそうです。問題なのは、NPT条約の履行です。この条約は、これまで核兵器を持っていない国には、核兵器の開発や保有を禁じています。核保有国には「明確な核廃絶」の約束をさせているのに、履行しようとしていません。ここでもアメリカの自分勝手が横行しています。

 こうしたことが、未加盟国のインド、パキスタン、イスラエルに核保有の口実を与え、北朝鮮の条約脱退につながっているのです。核保有国の独占を許さず、全ての核兵器を廃絶するための世論を強めましょう。


  世界の核兵器保有状況(平和新聞より)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋高裁、G.J.
 名古屋高裁が自衛隊のイラク派遣を「憲法違反」と明確に判断しました。自衛隊派遣の差し止め訴訟の判決です。一連の差し止め訴訟の中で、初めての憲法判断が下されています。

 しかも、判決そのものは差し止めを認めず、国の勝訴となっているので、国は上訴することもできないらしく、判決は確定するとのこと。現地が戦闘地域であることは明白だとしたうえで、武装兵員空輸活動は「他国による武力行使と一体化した行動」と指摘。「武力行使を禁止したイラク特措法二条二項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条三項に違反し、かつ憲法九条一項に違反する活動を含んでいることが認められる」としています。

 トヨタ過労死裁判の認定をした名地裁につづき、今度は名高裁がいい仕事をしていますねぇ。名古屋裁判所、G.J.!(Good job!)
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと見ました「日本の青空」
日本の青空

 参院選挙などで忙しくて、ついつい見逃してきた映画「日本の青空」を妻と新城まで出かけて、やっと見ることができました。「日本国憲法の基本は愛大教授が作っていた!」こんな憲法誕生の秘話のお話です。

 「日本国憲法はGHQに押しつけられたものだから、憲法改正だ」と主張する人たちに、鈴木安蔵ら良識ある人たちがどんな苦労と期待を持って憲法草案をつくったかが描かれています。やっぱり、憲法は守らなきゃ!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
原水禁世界大会の韓国参加者と交流
原水禁世界大会の韓国参加者と交流

 原水爆禁止世界大会に参加し、全国各地を訪問して自治体に要請行動などを行っている韓国の李さんと交流しました。34才なのに、日本の歴史や政治にも詳しく、参加者は一同びっくりしました。

 興味深かったのは北朝鮮に対する考え方と韓国の徴兵制でした。「北朝鮮は国連にも加盟する国。もし崩壊すれば、国民や周辺国は大変なことになる。問題のある国だが、その解決をするのは北朝鮮の国民」とズバリ。同感です。

 徴兵制については本人も1年半経験しているとのことで、上官には絶対服従の男社会。韓国の母親は息子を送りたくないと思っている」と答えました。日本に徴兵制ができないように、がんばらねば。

 蒲郡市長と議長に面会した時の印象について、「靖国問題には内政干渉だと言われた」と話していました。歴史問題をきちんとすることが両国の友好には欠かせないのに、ちょっと情けない反論でしたね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
平和行進 歩きました!
 毎年恒例の平和行進がやってきました。東京の夢の島を出発し、広島まで「核兵器廃絶、被爆者援護」を訴えて歩きます。

 今年は、国保税の値下げ条例を議員提案しようと準備が忙しく、わずかな距離しか歩けませんでしたが、みんなと歩く平和行進は元気が出ます。いつもは行進団への激励の募金に応じていた市長、議長でしたが、今年は財政難でお断りだそうです。

 今年は議会の各会派にも要請がされているそうですが、共産党以外はだれも顔を見せませんでした………。


県下で一番長い「豊橋−蒲郡コース」を歩く平和行進団
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ ←クリックしてランキングを見てね
| 柴田安彦 | 平和 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

    profilephoto
    蒲郡市議 柴田安彦

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
[ 新規登録 ] [ランキング]
[前へ] [ランダム] [次へ]
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 蒲郡情報へ 人気ブログランキングへ